タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

私の分も、お弁当

2015.11.19(17:08)

主人のお弁当を作るついでに、自分の分も作ってみました。

メニューは主人と同じですが、
玉子焼きの両端や、野菜の不揃いなところが入っています。
盛り付け方もあまり考えずに、手早く詰めます。
でも、味は主人のと同じですよ(笑)

1447325143299根菜とちくわの煮物弁当-1



普段、家で一人で昼食を食べる時は、
冷蔵庫の中にある残り物で適当に済ませます。
カップ麺の日もあります。
自分一人のためにお料理をする気には、中々なれません。

でも、お弁当のある日は、お昼が待ち遠しいです。・・・子供みたいですね(笑)

お弁当は彩り豊かで栄養のバランスも良いし、ゆっくり味わって食べるので、
味覚も視覚もお腹も満足します。
(おかげで間食も減りました。)

そして、予想外の収穫も。
それは、主人と同じお弁当を食べることで、
常温で食べるとどんな味や食感や香りになるのかが、分かることです。

「これは冷めても美味しいな。」とか、「うーん、これはイマイチ・・・」とか(笑)
感じることが色々あります。
どんなおかずがお弁当に向くのかが、少しずつ分かってくるような予感が。



自分へのお弁当も、良いことずくめですね!

1447325332560のり玉子焼き弁当-1


スポンサーサイト

タイトル画像

久しぶりのお弁当作り

2015.11.13(20:28)

以前は、毎朝主人のお弁当を作っていました。
でも、私が病気になり手術や抗がん剤治療を受けたことを期に、
お弁当作りを休みました。

それ以来、主人の昼食は、会社の売店で買ったおにぎりやサンドイッチになりました。
時間帯によってはそれも売り切れてしまい、
菓子パンやカップラーメンと野菜ジュースで済ます日もあったようです。

抗がん剤治療も終了し、私の体調も少しずつ回復しましたが、
気力が湧かない日が続きました。
「お弁当作りも再開しなければ」と気持ちは焦るものの、
中々重い腰が上がらず・・・月日は流れて行くのでした(笑)

でも、シニアなお年頃に近付いた主人の健康を考え一念発起。
今月からお弁当づくりを再開しました。

「先ずは体調の好い日に、週に2~3回作れればOK」「決して無理はしないこと」と、
自分に優しいルール?!を設けて、気楽に作っています。

おかずも、朝は卵や魚を焼くぐらいです。
あとは前日の煮物や、まとめて茹でておいた野菜、果物などを詰めるだけ。
市販の煮豆や冷凍食品も利用します。

初日のお弁当
根菜とちくわの煮物弁当

1447325118663根菜とちくわの煮物弁当-1

煮物・・・里芋、大根、人参、ちくわ
玉子焼き
海老寄せフライ(冷凍食品)
ブロッコリー、ミニトマト
山ごぼうの漬物

↑ これを食べたお昼過ぎ、主人からメールが届きました。
「今、お弁当を食べ終わったけど、美味しかったよ。」

普段はメールを送っても返事が来なかったり、
「了解です。」ぐらいしか返って来ない主人です。
単純な妻は「最高の誉め言葉」と受け止めました(笑)
それに気を良くし、翌日もお弁当作りに励むのでした。



2日目のお弁当
のり玉子焼きとしゅうまい弁当

1447325295927のり玉子焼き弁当-1

のり玉子焼き
海老しゅうまい(冷凍食品)
いんげんのおかか和え
ミニトマト
五目豆(市販品)
山ごぼうの漬物
みかん

「夫は手作りのお弁当が嬉しいだけでなく、
私が元気になって気力が湧いてきたことも喜んでくれているのかな?」
・・・と妻は密かに思っています。

又、ぼちぼち頑張ります(^^)



夫のお弁当

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 私の分も、お弁当(11/19)
  3. 久しぶりのお弁当作り(11/13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。