FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

レッスン~筋肉が付いてきた!

2012.10.12(16:18)

今週のピアノのレッスンで嬉しいことがありました。


左手のアルペジオの弾き方を教わっていたときに、
先生が私の左手の側面(=手のひらや甲ではなく、横の部分)を見て
「あっ、筋肉が付いてきましたね~。」とおっしゃいました。

「何のことかな?」と自分の手をまじまじと眺めてみると、
小指の付け根から手首の出っ張り(=足で言う「くるぶし」の部分)にかけての側面が
ポッコリと盛り上っています。
まだまだ小さいけれど、立派な筋肉です(笑)

私  「わ~、本当だ!ピアノで筋肉が付くんですね。」
先生 「そうですよ。5の指はもともと弱い指だけど、
    良く練習をされたから筋肉が付いてきたんですよ。
    それに比べると、親指の側はまだプニュプニュしてるでしょ。(笑)
    今度はこちらも練習しましょうね。」

ということで、1の指の弾き方を重点的に教わりました。
(実は私、5本の指の中で親指が1番苦手なんです ^^; )

これからも気長に練習していけば、親指の側も筋肉モリモリになるのかしら?!
その日が来るのを楽しみに待ちたいと思います。


・・・ピアノを習い始めてもうすぐ4年。
このところ停滞気味で自信を失いかけていたのですが、
「練習を続けてきて良かった!」と実感した出来事でした (^^)

また頑張ろうっと♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪ レッスンの覚書 ≫

モーツァルト ピアノソナタ第11番(K.331)
第1楽章
Var.Ⅳ

(改善の余地はあるけれど、一応〇をいただきました。)

☆重心がいつもよりも上にある。→息を深く吸ってゆっくり吐くだけでも重心は低くなる。
☆手を交差して弾く部分で肩に力が入る→脱力を心がける。
☆右手で主旋律を弾く部分の流れが止まらないように注意。
☆ペダルの使い方をもうひと工夫。

Var.Ⅵ
☆左手のアルペジオ
①1の指の練習・・・第1関節で支える。指の形に注意。
②4本の指の重さの移動を素早く。
③腕は自由に(=脱力)し、指は鍵盤に付けたままで弾く。

☆最後の小節の2~3拍目の和音・・・腕の上げ方(音の処理)に注意=4拍目の休符を生かす。


スポンサーサイト

コメント
smile**さん、こんばんは~♪。

指に筋肉なんてスゴいスゴいΣL(゚∀゚L)。
エステ通いに指筋トレ…そんなに美しくなってどうするつもりですかぁ~。( ^∀^)

ピアノのレッスン、通ってみようかな。ヒヒヒ(*≧艸≦)。(下心アリアリ。)

【2012/10/16 19:58】 | トンきち1号 #LMs.iqQA | [edit]
トンきち1号さん、こんにちは~♪

> 指に筋肉なんてスゴいスゴいΣL(゚∀゚L)。
うふふ、すごいでしょ~。
自分でもびっくりです \(◎o◎)/!

ピアノって結構体力が要るんですよね。・・・おなかも減るし(笑)
ピアノの演奏には背筋を使うらしいですよ。
初心者の私にはまだそれが実感できませんが・・・

トンきちさんも一緒にいかがですか~ (^^♪
【2012/10/17 10:22】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/184-e6ea390a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。