タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

レッスン~目指せ!「きらきら」

2012.11.03(15:28)

今年のカレンダーも残すところあと2枚になってしまいました。
木々の葉も色づきを増し、朝晩ぐっと冷え込むようになりましたね。
・・・ということで、今夜は豚汁です(笑)


先日のピアノのレッスンでのひとこま。

モーツァルトピアノソナタ11番 第2楽章のメヌエットを
初めて先生に聞いていただききました。

先生 「ここ(右手の16分音譜が連なるところ)が良く弾けていますね。」
私   「はい、ここはとても好きなところなので、綺麗に弾きたいなぁと思って何度も練習しました。」
先生 「そうなのよね~。この部分、きらきらしてるでしょ。」
私   「はい、そう思います!それにモーツァルトって、弾けば弾くほど好きになるんですよね。」
先生 「うん、わかる、わかる!」
・・・と意気投合。

先生とのこんなひと時が、たまらなく楽しいのです♪


モーツァルトのピアノの曲を聴いていると、
16分音譜や32分音譜の連続するところで浮かんでくる情景があります。

緑に囲まれた静かな湖の水面が、朝陽に照らされてきらきらと揺れる様子。
あるいは、
無数のビー玉が入った箱をひっ繰り返してしまい、
ビー玉がぶつかり合いながらころころと転げていく様子。

私もピアノでそんな様子を表現できたらいいなぁと、密かに思っています(笑)

・・・そのためには音の粒を揃えないとね。
・・・そのためには1の指や2の指の練習をしないとね。
・・・それから、停滞する癖を直して方向性をもって弾けるようにならないとね。
と、頭では分かっていても、指やからだは中々言うことを聞いてくれません ^^;


いつの日か「きらきらに輝くモーツァルト」、弾いてみたいな~ (^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪ レッスンの覚書 ≫

モーツァルト ピアノソナタ第11番(K.331)
第1楽章
Var.Ⅵ

☆明るく歯切れの良い音色で。→(今よりも)指を立て気味に弾く。
☆左手のアルペジオ・・・1と2の指の骨格を意識して(=ヘアゴムを使った練習法)、
  タッチポイントに重さをのせる。→鍵盤の上方から指を下すように弾く。
☆音の方向性を意識。

第2楽章 Menuetto
☆3拍子を意識・・・1拍目を大きめに捉える。
☆ピアノの部分とフォルテの部分の対比。
☆右手の16部音符の連続・・・同じ音が2つ続く箇所で1つ目の音が短くならないように気を付ける。
☆ブレスは休符の位置を活用する。


IMGP2690 -1
(2012.10.28 菊)


スポンサーサイト

コメント
美しく転がる16分音符のお話、とっても素敵です!本当にきらきらですよね。
モーツァルト、時には楽しそうに「わざと」箱をひっくり返しも?(笑)

とても温かくかけがえのないレッスンのご様子がすごく伝わります。smile**さんの音楽に対する気持ちから生まれる、先生との素敵なご関係なのですね。
「たまらなく楽しい」・・・先生もsmile**さんと同じお気持ちのハズ!と思います(>▽<)
【2012/11/03 22:20】 | しぶかう #bBmFigmc | [edit]
しぶかうさん、こんにちは~。

16分音符には「きらきら」って表現がぴったりですね。
モーツアルトの音楽って、「次に何が飛び出してくるんだろう?」っていう
わくわく感がありませんか?
びっくり箱やおもちゃ箱のイメージがぴったりなような・・・(笑)

> 「たまらなく楽しい」・・・先生もsmile**さんと同じお気持ちのハズ!と思います(>▽<)
はい、そうだったら嬉しいです(^o^)
私よりも10歳以上もお若い先生ですが、素敵な感性の持ち主で
憧れの存在です。
ピアノを教わることだけでなく、先生のお顔を見てお話をすることも楽しみなんです。
【2012/11/04 12:55】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
私も、モーツァルトの音色はビー玉を連想します♪
それと、ピアノがきれいに聞こえるのはモーツァルトの曲だと思います。曲は弾けるけど、ビー玉が転がっているような音色を出すのは難しいです・・・

ピリスさん(MARIA JOAO PIRES)というピアニストをご存じですか?
以前、私もモーツァルトを練習していた時、先生に教えて頂いたんですが、とってもきれいな音色で演奏されるんですよ。それこそ、ビー玉みたいに(^^)是非、聴いてみて下さいね♪
【2012/11/12 23:04】 | のんほほ #- | [edit]
のんほほさん、こんにちは。

> 私も、モーツァルトの音色はビー玉を連想します♪
やっぱり、そうですよね♪ビー玉ですよね!
モーツアルトの曲は
連続する16文音符やあちこちに登場する装飾音符に魅力を感じます。
まだまだ指の動きがぎこちない私は、でこぼこの演奏になってしまうのですが・・・^^;

ピリスさん、私も好きです!
特にモーツアルトのピアノソナタは何人かの演奏家を聴いてみましたが、
ピリスさんの演奏は上品で優雅で一番好みでした。
ほんとに粒がそろっていて、ビー玉のころころ感が出ていますね。
【2012/11/13 15:51】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/188-d2228319
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。