FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

レッスン~未だにあやふやな『脱力』と『重心』

2012.12.30(13:46)

先週、今年最後のピアノのレッスンがありました。

今年はモーツァルトに浸った1年でした。
モーツァルトって弾けば弾くほどに魅了されてゆきます。
まだまだ「いつかは弾いてみたい曲」がいっぱい・・・


レッスン中
ピアノソナタ11番2楽章のうまく弾けない箇所を教わっていて・・・

先生「そこ、指の山をもう少しなだらかにして~」
私 「はい。先生、手首も上がり過ぎですか?」
先生「そうね。それに肩も上がっているわよ。」
私 「はい ^^;」
先生「あと、重心も上過ぎるわね。」
私 「はぁ・・・う~ん、難しいなぁ」

私 「先生、私、重心とか脱力のことが未だに理解できずにいるんです (>_<)」
先生「第2楽章はまだ弾き始めで慣れていないから、
   体が硬くなって重心も上がってしまうのよ。
   それに比べると第1楽章は弾き込んでいるから、
   随分と重心も安定して、脱力のことも分かりかけているわよ。」
私 「はぁ、そうですか・・・(・・?」

そう言われてみると、
第1楽章は体がリラックスして安定した状態で弾けるようになってきたような・・・
でも、弾いていて「苦手な部分」の数小節前になると、「来るぞ来るぞ~」と気になりだして、
いよいよ「来たぞ~」のところでは手首はカチカチ、肩もガチガチ?!

「脱力」と「重心」
これって、ピアノを習う上で「永遠のテーマ」なのでしょうか?
じっくり基礎から学びなおしたいなぁ。

う~ん、ピアノって奥が深い・・・
でも、だから面白いのかも。 

来年も楽しく頑張るぞ~♪

インフルエンザやノロウィルスなど、感染症が流行っているこの年の瀬ですが、
皆さま体調管理に気を付けて、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪ レッスンの覚書 ≫

モーツァルト ピアノソナタ第11番(K.331)
第2楽章 Menuetto
☆レガートの1つ目の音の入り方を工夫する…強すぎないように。
☆休符の前の1音を切るタイミング・・・長すぎる。
☆エネルギー、方向性を感じて弾く。
☆最後の休符の1拍で、Trioに向けて気持ちを切り替える。
 (Trioでがらりと表情を変える)

第2楽章 Trio
☆曲の最初、1音目の入り方…横への広がりを感じて。
☆音を離して弾く部分と、しっとりとレガートで弾く部分の区別をはっきりさせる。
☆左右のバランスに注意。
☆重心を低くする。肩が上がらないように。


スポンサーサイト

コメント
smile**さ~ん、
あけましておめでとうございます。

昨年はモーツァルト三昧の1年だったんですね。
今年smile**さんを夢中にさせるのはどなたでしょう。

脱力と重心。
意識をすれば、ピアノ以外のことも上手にできるかもしれませんね。
ちなみにギャグを発するとみんな脱力。
下の方でどっしり安定するのは身体の重心ですぅv-411

今年もこんな私をよろしくお願いいたします~。
【2013/01/05 17:43】 | トンきち1号 #LMs.iqQA | [edit]
トンきちさん、遅くなりましたが
明けましておめでとうございますv-457

はい、昨年はモーツァルト様にハートを奪われました(笑)
あと憧れの君はベートーベンさんとシューマンさんと
バッハ大先生と・・・私って気が多い方かしら?!

> ちなみにギャグを発するとみんな脱力。
は~い、今年もトンきちさんの楽しいコメントで
脱力のお勉強をさせてくださいね(^o^)
> 下の方でどっしり安定するのは身体の重心ですぅv-411
私も下半身のどっしり感に磨きをかけている最中です(^^)v

こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
【2013/01/07 09:40】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/198-741db8a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。