FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

座右の書 2 「からだで変わるピアノ」

2013.07.03(15:51)

〇十肩になってからはピアノを弾き過ぎないように気を付けています。
でも時々「弾きたい病」がむくむくと頭をもたげてきます(笑)

思う存分ピアノが弾けないことにもどかしさを感じますが、
これを機会にピアノや身体の使い方に関する本を読んでみようと思い
何冊か購入しました。
その中の一冊を読み終えました。

「からだで変わるピアノ」
著者:宇治田かおるさん
春秋社

からだで変わるピアノ


○「ラクにピアノを弾く」ための「身体の使い方」
(この場合の「ラク」は、「体に負担をかけない」という意味のようです)
○「(からだの)内部の感覚に意識を向ける」ことや「今の弾き心地を感じる」ことの大切さ
 等について分かりやすい言葉で書かれています。

また、「大人になってからピアノを習い始めた人」のピアノとの向き合い方についても
ヒントを与えてくれます。


この本の中で特に印象に残ったのは
『身体の動きを「考える」より身体全体を「感じる」ことが大切』
『身体の各部分がそれぞれ得意なことをして、助け合った状態になれば、
本当に自然でラクな弾き心地になる』
という表現です。

そして、指や手首、腕、肘、肩、首などについて、
○それぞれがピアノの演奏時にどんな役割を果たすのか
○お互いがどんな連係プレーをするのか
○理想的な連係プレーをしているとき体の各部分はどんな感覚なのか
具体的に綴られています。

私は演奏に夢中になると肩が上がってしまうという癖があるので
特に「肩」のページは興味深く読みました。


この本を読んでからは、実際にピアノを練習するなかで
「今、からだの中はどんな感覚なのか」と自分に問いかけるようになりました。

勿論、弾くことに夢中になるとその問いかけは何処へやら、自然消滅してしまいます。
また、一度ついた癖を直すには時間がかかりそうだということも痛感しています。

ただ、この本に出会ったことで身体の使い方に意識が向き、
負担をかけない弾き方を模索するきっかけになりました。


その他にも、
息を大切に
拍と脈拍
音のあいだを感じること
響きを待つ
など、私のピアノ心?!をくすぐる魅力的なお話が数多くあります。


著者の温かみのある文体に心地よさを覚えながら、一気に読み終えました。
これからも時々取り出して眺めたくなる、そんな一冊です。
「いきなり&もう一度!才能以前のピアノの常識」(著者:樹原涼子さん)に続いて
私の座右の書になりそうです。


スポンサーサイト

コメント
二十肩のsmile**さん、おはようございます♪

肩のお加減はいかがですか。
弾くことはできなくとも、これも素敵なピアノとの向き合い方で、さすがsmile**さん。
何事も極めていくと奥深くて、知識も心も豊かになっていきますね。
え?トンきちは腹回りが豊かになってるって…(≧∇≦)。

早く思い切りピアノが弾けるように快復されますように。
【2013/07/04 08:27】 | トンきち1号 #LMs.iqQA | [edit]
トンきちさん、こんばんは♪

> 肩のお加減はいかがですか。
はい、二十肩は(笑)なかなかに手ごわくて、
相変わらず整形外科のリハビリ通いが続いています。
腕が上がらなかったり後ろに回らなかったりで、着替えるのにも不便です^^;
リハビリを担当してくださる方も
「半年から1年ぐらいかかるので、気長にリハビリしましょうね」と仰るので、
暫くは「弾くこと以外」の楽しみを見つけてみようと思っています。

> え?トンきちは腹回りが豊かになってるって…(≧∇≦)。
あはは、私もお腹回りや二の腕が豊かになってますよ(^^ゞ
お揃いですね(笑)

【2013/07/07 21:28】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
smile**さん、こんにちは

感じる、本当にそうですね。
最近一層、そう思うようになりました。
感じようとしているうちに、
敏感になってくるような気がしています。

くせをとるのは大変、これも本当にそうですね。
感じて分かって来ても、
ゆっくりでしかできなかったりして、
「道は遠いなぁ」と苦笑いです。

smile**さんの記事で、頑張ろうと改めて思いました!
【2013/07/09 12:33】 | しぶかう #fQE70zoc | [edit]
しぶかうさん、こんにちは。

感じること…大切ですよね。
演奏しているとき、指先や手や腕がどんな感覚なのか、
自分の弾いた音がどんなふうに聞こえるのか、
「感じること」が楽しくなってきたところです。

> 感じようとしているうちに、
> 敏感になってくるような気がしています。
そうそう、「感じよう」と意識することで、
普段は眠っていた感覚が呼び起されるのかもしれませんね。
聴覚も触覚も視覚も総動員です(笑)

> smile**さんの記事で、頑張ろうと改めて思いました!
きゃ~、嬉しい! (^^♪
道は遠いけれど、立ち止まったり回り道しながら進むのもいいものです。
それが味になったりして・・・(^^)
一緒に頑張りましょうね♪
【2013/07/10 14:45】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/213-40565047
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。