タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

連弾大好き!

2014.01.22(22:21)

1年前からピアノのレッスンで、連弾を教わっています。
「ブルクミュラー25の練習曲」との同時進行なので、ゆっくりペースではありますが、
連弾、大好きです!

曲選びは、
先生から「ピアノ連弾のために 新しい子供のうたの本1」(ハインツ・シュンゲラー編)
をお借りして、好きな曲を選びました。
今までに教わった曲は「ブラームスの子守歌」「きらきら星」「すきなひとと」です。
51+NBWOAaBL__SS500_ -1

スコア(総譜)を作ることも教わりました。
コピーした楽譜を切り取り、プリモとセコンドを上下に並べてスケッチブックに貼ります。
こうすることでプリモとセコンドの音の流れが一目で分かるのですね。
手間は掛かりますが、「オリジナルの楽譜」が増えていくたびに、
それをニヤニヤと眺めては悦に入っています(笑)


又、少し背伸びして、『子供の四季「春」』(小森昭宏さん作曲)にも挑戦してみました。
これも先生から楽譜をお借りしてコピーしました。
アップテンポの曲なので、16分音符が転んでしまい難しかったですが、
曲調の変化に富んでいて、「勉強したな~」という満足感を味わいました(笑)


今は「新しい子供のうたの本1」に戻り、「ハンスとグレーテ」を始めたところです。

連弾には、独奏とは違った楽しさがありますね。
呼吸がぴったりと合った瞬間の、なんと気持ちの良いこと!
それに先生と並んで1台のピアノの前に座るだけで、なんだか嬉しくなります。

レッスンでは、1つの曲でプリモとセコンドの役割を交代しながら、両方を教わります。
私はどちらかというと、セコンドの方が弾きやすく感じます。
リズムが捉えやすいからです。

新しい曲に入るとしばらくは、自分のパートを弾くことに精一杯で、
先生の音を聞く余裕がなかったりします(笑)
すると休符のあとの2人同時に入る部分で、私がフライングしてしまいます。
でも、失敗しても笑いに包まれて、なぜかウキウキ(^o^)
独奏のときはミスタッチしただけで頭が真っ白になるのに、不思議です。

アーティキュレーションの付け方や呼吸の合わせ方、
最後はどんなふうに終わるのか・・・などなど、
相談しながら作り上げていく過程が本当に楽しいのです。

和音の響きが美しいところでは、お互いの響きを感じながら弾くこと、
セコンドはプリモを支えるような気持ちで弾くことなども教わりました。
今は未だ先生にリードしていただいていますが、
「自分の意志も伝わるように、積極的に表現してみよう」と思うようになりました。

「典型的な日本人」である私(笑)は、「表現すること」に気恥ずかしさを覚えてしまいますが、
ピアノを通してほんの少しずつ変わっていけるかも?!

・・・楽しみです(^^)


スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/228-5ca747b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。