FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

小山実稚恵さんピアノリサイタル~「バッハの想い」

2014.01.26(15:53)

昨日、大好きなピアニスト、小山実稚恵さんのピアノリサイタルへ行きました。

小山実稚恵「作曲家の想い」シリーズ(全6回)
第4回「バッハの想い」

J.S.バッハ(ブゾーニ編):シャコンヌ ニ短調
 (無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1004より)
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲ト長調BWV988

会場:フィリアホール(横浜市青葉区)


今年はバロックについて学びたいと思っている私は、
このコンサートをとても楽しみにしていました。

演奏に先立ち、音楽評論家である萩谷由喜子さんのオープニングトークがありました。

萩谷さんのお話の中で、
ゴルトベルク変奏曲の構造についての説明があり、興味深く聞きました。

○主題のアリアに30の変奏が続き、最後に再びアリアが演奏されること。
○30の変奏のうち3の倍数の変奏はすべてカノンであること。
 その声部と声部の音高の距離が
 第3変奏の同度から1度ずつ遠ざかってゆき、第27変奏で9度にまで開くこと。
などです。

作曲家や曲についての知識の少ない私にとって、
こういったトーク付きのコンサートで色々と知ることができるのは、
とても楽しみです。
また、説明の後で自分なりにポイントを押さえて鑑賞することができたので、
ちょっと勉強したような気分を味わうことができました。(笑)

シャコンヌもゴルトベルク変奏曲も渾身の演奏で、
小山さんの世界を堪能してきました。
ピアニッシモからフォルティッシモまでの音量の幅の広さに驚くとともに、
最後の1音がスーッと消え入る瞬間に、幸福感を味わいました。

家に帰り、夜お布団に入ってからも、
小山実稚恵さんの崇高な演奏が頭の中によみがえり、
1時間くらい寝付けませんでした。
でも、こういう理由で寝付けない夜というのは、眠れないことも嬉しかったりして(笑)
・・・幸せなことですね。


スポンサーサイト

コメント
充実の、寝つけない夜だったのですね〜!
耳に頭に心に良い事いっぱいのリサイタルで
しかもタイミングもバッチリで、本当によかったですね。
私も、トークコンサート大好きです(^^)
【2014/01/30 21:34】 | しぶかう #LMs.iqQA | [edit]
しぶかうさん、こんばんは。
心配事で眠れない夜とは違い、本当に充実の嬉しい夜でした。
その日聴いたメロディーが、頭の中で繰り返し流れていました(笑)

しぶかうさんも、トークコンサートお好きなんですね♪
その日演奏される音楽のことや、楽器のこと、作曲家のことなど、
色々なお話が聞けることが楽しみです。
本で読んだだけでは理解しきれない事柄も、
こうして専門家のお話と生演奏をリンクさせることで、
自分の中に印象深く残るような気がします。
【2014/02/01 23:07】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/229-85cf93b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。