FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「音を紡ぐ」ということ

2014.03.23(15:48)

1か月ぶりにピアノのレッスンに行ってきました。
今回はブルクミュラー25の練習曲「シュタイヤー舞曲」を教わった後で、
「プレ・インベンション」の1回目のレッスンを受けました。


プレ・インベンションNo.36「Arietta(アリエッタ)」
ドイツのオルガニストであり作曲家である、D.G.Turuku(テュルク)さんの作品です。

愛らしさと優しさに満ちた美しいメロディー。
16小節から成る、音数の少ない曲。
こういうシンプルな曲ほど、難しさを感じます。


先生の前で通して弾いたあとで、どんな速度や曲調で弾きたいか話し合いました。
○アンダンティーノではあるけれど、ゆったりとした気持ちで弾くこと。
○音の表情やニュアンスを感じながら弾くこと。
○音の流れや方向性、フレーズに気を配ること。
○レガートの弾き方を学ぶこと。
などを目標にしようと思いました。

その後、細かい部分の弾き方を教わりました。
数小節、または数音ごと、時には1音ずつ、先生のお手本を聴いた後に私が弾きます。

○最初の音やフレーズの始まりの音は、
 弦楽器のように静かに入り、その後広がるようなイメージで。
○同じ音が続く所では、音の高さは同じではあるけれど1段上がるような気持ちで、
 音が途切れないようにレガートで弾く。
○1つの音から次の音へ移る時には、ゆっくりとした打鍵で重さの移動を意識する。
○左手に表情を付けるために、右手のメロディーを歌いながら左手のみを弾く。

などを教わりながら、
先生のお手本に耳を澄まし、目を凝らし、(時には目を閉じて耳のみに神経を集中させて)
「少しでも先生の音に近づきたい」という気持ちで音を鳴らしてみます。
自分の音に一喜一憂しながら、「先生が弾く」、「私が弾く」、の繰り返し。

こんなにも1つ1つの音を大切に弾いたのは初めてです。
心地よい時間のなかで、「音のキャッチボール」は続きました。



先生の奏でるピアノは、
表情豊かで、奥行きがあり、色々な楽器の音色を想像させてくれます。
フレーズの境目や休符などの音の途切れるところにも、時間の流れを感じます。
曲の1音目を発する前から、その曲の空気感が漂っています。

先生は
「(曲の中の)全ての音に意味があり、無駄なものは1つもないのですよ。」
と仰いました。
1音1音を愛おしみ、想いを込め、次の音へ、更に次の音へと気持ちをつないでいく。
そんな先生のピアノの音色を聴いていたら、「音を紡ぐ」という言葉が頭に浮かびました。
こんなに大切に紡いで貰ったら、「音」も幸せなのだろうな。

それに引き換え、今迄の私は、
なんとあっさりと音符の上を通り過ぎてきたことか。
今の私のピアノの音色は?と言えば、・・・音の・・・羅列?!(笑)

私もいつか、ピアノで「音を紡げる」ようになりたいな。
なれるかな?
なれるといいなぁ。


スポンサーサイト

コメント
こんにちは。
先生の音色に感覚を研ぎ澄ませて・・・素敵な時間ですね!

私が「音色にこだわる」ということを本当の意味で実感できたのが、
聴講した公開レッスンでの
先生と生徒さんとのそういった過程だったのを思い出しました。

その生徒さんの音色が変化していくのを聴きながら
「あぁ、聴くって、音色の変化って、こだわるって、こういうことか」と思い、
自分が新しい世界に入れた瞬間のように感じたのをよく覚えています。

smile**さんにとっても、そんな時間だったのでは、と思います。

だから・・・

>なれるかな?

なれますっ!楽しみですね!

ところで、書こうかなと思っていたテーマに少し近くて、
またまた嬉しかったです(^^)
【2014/03/28 17:04】 | しぶかう #Y17400wE | [edit]
しぶかうさん、こんばんは。

> 先生の音色に感覚を研ぎ澄ませて・・・素敵な時間ですね!
はい、音の世界に包まれた、かけがえのない時間でした。
今思い出しても、もう、とろけそうです(笑)

> smile**さんにとっても、そんな時間だったのでは、と思います。
はい、今迄の私のピアノは「なんとなく弾き」「なんとなく聞く」でしたが、
このレッスンを通して
「『こういう音色を出したい』と願って弾き」「その音に耳を澄す」ということの
大切さを教えて頂きました。

> なれますっ!楽しみですね!
きゃ~、なれますかね(^^ゞ  頑張ります♪

> ところで、書こうかなと思っていたテーマに少し近くて、
> またまた嬉しかったです(^^)
わ~、私も嬉しいです!・・・ということは、いずれ、これに近いテーマの記事が、
しぶかうさんのブログに登場する、ということですね。
あっ、決してプレッシャーをかけているわけではありませんが(笑)、
楽しみにしています(^^♪
【2014/03/29 19:12】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/236-a0aadc86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。