FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

小山さんのリサイタルを鑑賞しながら「姿勢」の勉強

2015.07.17(23:23)

渋谷Bunkamuraのオーチャードホールで行われた
小山実稚恵さんのリサイタルへ主人と行きました。

12年間・24回リサイタルシリーズ 
「小山実稚恵の世界」
ピアノで綴るロマンの旅
第19回 2015年 春 ~想い出のアルバム~


2015年6月27日(土)
■くすんだ水色:素朴な郷愁・心ほだされて

J.S.バッハ: カプリッチョ 変ロ長調
「最愛の兄の旅立ちに寄せて」BWV.992
シューマン:フモレスケ 変ロ長調 作品20
アルベニス:組曲「旅の思い出」作品71より 第6曲「入り江のざわめき」
ショパン:ノクターン 第17番 ロ長調 作品62-1
シューベルト:ソナタ 第19番 ハ短調 D.958

《アンコール曲》
・シューベルト:即興曲 Op.142-2 変イ長調
・シューベルト:即興曲 Op.90-2 変ホ長調
・シューベルト:即興曲 Op.90-3 変ト長調




2006年に始まり、春と秋、年に2回行われるこのリサイタル。
我が家は2009年の秋に初めて行き、小山さんのピアノの音色に魅せられました。
それ以降毎回欠かさず聴いています。
今年は、リサイタルの開始から10年目にあたるということで、
通路では「小山実稚恵の世界 10年間の軌跡」展が開催されていました。
初回から今回までのポスターとプログラム、
そしてリサイタルの写真(演奏シーン)が展示されていました。
それらを眺めていたら、タイムスリップしたような懐かしい気持ちになりました。

14373171393431.jpg


演奏が始まるや否や日々のあれこれを忘れ
音の世界にすっぽりと包まれる心地好さ。
音色の美しさと多彩さに心奪われながら聴き入りました。

と同時に、今回の席は1階の中央の通路際だったので、
小山さんが演奏される姿をじっくりと拝見することが出来ました。


私は今、ピアノを弾くときの姿勢やからだの使い方にとても興味があります。
五十肩や腱鞘炎にかかった事がきっかけとなり、
からだに負担がかからないようなピアノの弾き方を改めて身に付けようと、
基礎的なことから学び直しています。

だから、「横向きの小山さん」の
頭から手元そして足元まで全身を眺めることができたのは貴重な体験でした。

椅子の位置や高さ、ピアノとからだの距離、
椅子のどの辺りにどのような姿勢で腰かけるか。
頭の位置、肩や腕や手首の使い方と力の抜き方、重心の位置などを興味深く見ながら、
演奏を楽しく聞きました。


コンサートは座る位置によって、色々な楽しみ方がありますね。

ピアノの音を味わいたいときは(中央から)やや右寄り。
手元をじっくりと見たい時は、やや左寄り。
オーケストラの場合は1階後方や2階席の中央。
また、2階席の舞台上の左右の席は演奏者の背中が見えるので、
肩や腕や肩甲骨、腋の動きがよく分かり面白いです。

こんな風に、その時々で席を選んで楽しんでいます。


スポンサーサイト

コメント
smie**さん、こんばんは。

聴き、見、ご自身のお身体に照らして。。。
とてもとても充実のコンサートだったのが伝わります。

>演奏が始まるや否や日々のあれこれを忘れ
音の世界にすっぽりと包まれる心地好さ。

ほんとうに、特に最初の一音が始まるときは
何とも言えない心地好さ、ですよね!
【2015/07/24 22:26】 | しぶかう #xNtCea2Y | [edit]
しぶかうさん、こんばんは。

コンサートに通い始めた頃は、曲を聴いて感動することが主でしたが、
年々興味の対象が広がってきています。
音色の多彩さ、息づかい、曲の流れや勢い、弾き始めの瞬発力・・・
そして今は、からだの使い方に興味津々です(笑)

> ほんとうに、特に最初の一音が始まるときは
> 何とも言えない心地好さ、ですよね!
はい、その「一音」が一瞬にして別世界へと連れていってくれますね。
そしてコンサートの帰り道には
「私もピアノ、頑張ろう」と思いも新たにします(笑)
【2015/07/27 22:02】 | smile** #2KLS3XHY | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://smileknitting.blog29.fc2.com/tb.php/278-47656b74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。